理容師使用のシャンプーと市販のシャンプーの違い

210
理容室のシャンプーは、とても気持ちが良い仕上がりになりますが、市販のシャンプーとは違うのでしょうか?
市販のシャンプーと美容室のシャンプーは、洗浄成分が違います。
市販のシャンプーの洗浄成分は、歯磨き粉や、洗濯洗剤、台所用洗剤に使用されている成分と同じものが入っています。
それは、安い洗浄成分と言ってもよく、それだけ品質は良くないといえるでしょう。

市販のシャンプーで界面活性剤」が強いものは、汚れ落ちは良いですが、界面活性剤は髪の毛が傷みます。
ただも洗ったあとの手触りを良くするため、シリコンを使用していますが、これは髪には良くないとされ、パーマがかかりづらいと言った事もあるようです。
理容室のシャンプーは、値段も高いですが、安い洗浄成分ではなく、髪に良い成分が配合されています。
中には、髪が傷む界面活性剤は不要なものが多いとされています。
ですから、髪の傷みもなく、キレイに仕上りになります。
特徴として理容室のシャンプーの多くがアミノ酸系洗浄成分を使用しています。
アミノ酸系洗浄成分は洗い上がりが大変よく、肌にもやさしく、エコな製品です。
最近は理容師の求人情報はコチラで、市販のシャンプーでも、アミノ酸やノンシリコンというものが出回っていて、少しでも理容室のシャンプーに近づいているということができます。